最近では少子化や高齢者の増加で将来に不安を抱えている人が多くなっています。

そのため、老後の生活資金を少しでも増やしていこうと、投資信託を購入する人が年々増えてきました。

TVや新聞などでも個人向けのファンドや非課税投資枠を設定されたNISA(ニーサ)が連日案内されています。

郵政株も上場されさらに個人投資家の人気は高まっています。

しかし、いざ株式や投資信託を購入したくても初心者が最初にぶつかってしまう疑問が投資の専門用語です。

例えばTVや雑誌などで紹介されているNISA(ニーサ)についても初心者はイマイチ理解できてない人がいます。

NISA(ニーサ)は2014年1月から投資金額が100万円までに発生する配当金や分配金(普通分配金)について

非課税になる制度が始まりました。

今までは配当金や分配金に対して通常20.315%の税金が掛かっていましたが、最大5年間は非課税になるわけです。

なので、計500万円までが非課税の対象となるのでお得な制度です。

NISA(ニーサ)を使うときは5年を目安に長期投資向けの投資信託や株式を保有購入することが大事です。

非課税の対象年数の5年目を迎えれば、保有している投資信託や株式を売却してまた非課税枠を使って

改めて買うことで再び5年間は非課税になるわけです。

しかし、投資信託や株を短期で売買すると非課税枠を瞬く間に使ってしまうので意味がありません。

NISA(ニーサ)をうまく利用するためには長期で保有できる商品を選ぶといいですね!

また、NISA(ニーサ)口座を使って毎月分配金のファンドを購入する人も最近増えてきました。

しかし、毎月分配金には普通分配金と特別分配金があります。

「個別元本」を基準に利益が出た分が利益になるのが「普通分配」といいます。

普通分配金にはNISAを使わないと税金が掛かってしまいます。

一方「特別分配金」は元本を取り崩す分配金なので税金が元々非課税になります。

なのでNISA口座で投資信託を始めても意味がありません。

初心者はNISA(ニーサ)を使うことで、あたかも儲かる感覚になってしまう人がいますが、投資には元本保証はないことも

頭に入れていたほうがいいですね・・・