初めて株式投資をする人の中には株の投資のことが、さっぱり分かっていない人が結構います。

勘だけで投資で利益を常に得ることはほとんど不可能な話です。

仕組みを知らずにただその日の株価の動きで一喜一憂する人が多いのではないでしょうか?

大事な資産が減ったり、増えたりするのですから気が気ではありません。

常に経済の動きを見ながら情報を集めて分析しながら資産を投資しなければいけません。

そうは言っても株を買った瞬間から資金は手元から離れて常に株価の変動に翻弄されてしまうのです。

寝ても覚めても株価が気になっているのでは体がもちません。

それでも自分なりに損切りや利益確定のラインを冷静に設置できている人はいいですが、ほとんどの人は

株価が下がり始めると「いつかは上がるだろう」上がり始めると「もう少し上がるだろう」なんて勝手に思い込もうとして

損切りや利益確定のラインがいつの間にか崩れてしまっているのが現実です。

そんな人は投資信託(ファンド)から試してみてはいかがでしょうか?

投資信託とは一般の投資家から資金を集めて株式や債券などに幅広く投資する金融商品です。

運用の成果がその会社の投資額に応じて還元される仕組みになっています。

また、ファンドの購入価格も1万円程度から始めることができるので初めての人でも気軽に購入することができます。

その間に勉強しながらチャレンジしていくと将来のために楽しみが増えていきます。

例えば、日本株はもちろんですが、欧州や新興国などのグローバルファンドもあります。

ファンドの種類もかなりあるので選択肢が広がるのも魅力の一つです。

株式投資を始めた人の中には株価の変動が気になって家事や買い物にも出かけられず一日中パソコンに

噛り付いている人の話をよく聞きます。

電話にもなかなか出れず家に閉じこもってしまう人もいます。

しかし投資信託はあなたに代わって投資の専門家がいつ売り買いするかを考えて実行してくれるので

安心して任せることができます。

投資のリスクを最小限にするためも分散投資をすることができるので初心者向けかも知れませんね!