MENU

FXを初めてみたけど、なかなか利益が出ない・・・
『もしかしたら自分には向いていないのは?』と思う人もいると思います。

 

しかしFXで成功している人でも、
ほとんどの人が損失を出した経験が必ずあるものです。

 

損失を一度も出したことがないという人は皆無といってよいでしょう。

 

 

 

しかし長期間の長い目で見ると利益を上げている人と
損失を拡大している人に分かれてしまいます。

 

その中でも損失を出している人の中には、
損失が拡大しすぎてFXを続けられない状態に陥る人もいます。

 

では利益を上げて稼いでいる人と損失を出す人の違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

 

まず、ひとつ目の違いは、損失を出した時のトレードの仕方です。

 

着実に稼ぎながらFXで成功している投資家のほとんどが、
万が一、損失を出した後に、レバレッジの見直しや、
または休憩をとっています。

 

少しでも取引通貨量を少なくし、
次に損失を被っても多額にならない工夫をします。

 

こうすることにより資金面や精神面で落ち着きを取り戻し、
気持ちを楽にして投資を続けています。

 

どうしても損失を出した場合、
負けた分を取り返したいという気持ちが強くなりがちですが、
かえって損失を増やしてしまう傾向があります。

 

そのため、ひと呼吸つけるのが大事です。

 

さらに、これまで利益をあげてきた投資ルールが
利益を出せないルールに変わってしまった理由を冷静に分析します。

 

投資ルールは、同じものが永遠に通用するほど簡単ではありません。
ある特定の期間では稼げたルールが突然、
通用しなくなるケースがほとんです。

 

そのため投資ルールを時々、見直すことがポイントになります。

 

 

またFX取引に関して自分が感じたことや反省を振り返ることにより、
自分のルールを新たな利益が出せるルールに変えることにつなげれます。

 

FXの取引には損失は当たり前と割り切り、
冷静な判断により次につなげていくことが重要です。

 

投資資金の10%以内に損失を抑えることを徹底していれば
FXを続けられなくなるほどの大損失を一気に被ることはありません。

 

 

 

尚、FX会社でもマージンコールやロスカットという仕組みを用意して、
利用者の損失が拡大しないようにしていますが、
利用者側でもマージンコールやロスカットを受けないように
安全圏での取引をすることを心がけなければなりません。

 

 

 

このマージンコールとは追加保証金のことです。

 

FX口座に預けている証拠金から含み損を引いた額が
一定の割合以下になった場合に
FX会社から証拠金を追加を求められたり、
ポジションの一部を決済したりして、
損失に耐えられるように注意喚起をされます。

 

FX会社によって異なりますが、
一定の割合は証拠金の50%としているところが一般的です。

 

 

ロスカットは利用者の証拠金維持率がある数値より下回った場合に
FX会社が強制的に保有ポジションの決済を行う措置のことです。

 

ロスカットを受けてしまうと、そのFX会社を続けて利用することは難しくなります。

 

また他のFX会社からも警戒されてしまうおそれがあります。

 

このロスカットされてしまう人のほとんどは、ハイレバレッジの傾向があります。

 

およそ5倍くらいのレバレッジならロスカットに遭う確率も低いので、
レバレッジを設定する場合にはあまり大きくしすぎないように注意が必要です。

FXで損失を出してしまった場合の対策ポイント関連エントリー

デイトレードはFX初心者向き?!
FXデイトレード。基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイト。
FX初心者のための1000通貨とマイナー通貨について
1000通貨とマイナー通貨について。FX(外国為替証拠金取引)の経験者が語る初心者が稼ぐための必勝法!入門、実践編およびFX口座比較から開設の仕方までを徹底解説。
FXで儲ける目的と投資スタイル
FXで儲けるための目的と自分の投資スタイルを確立。FX(外国為替証拠金取引)の経験者が語る初心者が稼ぐための必勝法!入門、実践編およびFX口座比較から開設の仕方までを徹底解説。
気持ちをコントロールしてFXで稼ぐ
自分の気持ちをコントロールしてFXで稼ぐ!FX(外国為替証拠金取引)の経験者が語る初心者が稼ぐための必勝法!入門、実践編およびFX口座比較から開設の仕方までを徹底解説。