MENU

FXとレバレッジ

最近『FX』という言葉をテレビのCMや雑誌などで見るコトが多くなってきました。

 

このFXとは元々英語のForeign Exchangeの略で日本語にすると
外国為替証拠金取引になります。

 

本来、為替とは何かを交換するという言う意味があります。

 

例えば、遠方に住む人同士が商品の売買のために
現金を持ち歩いて取引すると、盗難や紛失などのリスクがあります。

 

そんなリスクを回避するために現金を持ち歩かなくても安全な
『為替』という制度が考案されました。

 

外国為替とは、外国のお金であるドルやユーロを
日本のお金である円と交換することです。

 

 

 

また証拠金取引とは、
FX専用口座に預け入れた証拠金を元手にして取引することです。

 

預け入れた証拠金にレバレッジ(倍率)をかけることにより、
証拠金として預け入れた金額の
数倍〜数百倍の金額での取引が可能になります。

 

このレバレッジ(倍率)はテコという意味でもあり、
FXには欠かすコトができないシステムとも言えます。

 

レバレッジのシステムにより少額の証拠金でも
大きな金額の取引ができることがFX最大の魅力です。

 

 

 

ではレバレッジのシステムを使って簡単に説明すると、
例えば10,000円を証拠金として預け入れます。

 

レバレッジを100倍にすると預け入れた10,000円は
100倍の1,000,000円となり、
10,000円の証拠金を預けるだけで
実質1,000,000円分の取引が出来るようになります。

 

そして、その証拠金で1ドル100円のドルを購入します。

 

1ドル100円の場合、ドルを10,000ドル購入することができます。

 

円安で1ドルが110円になった時に購入した10,000ドルを売却します。

 

すると10,000ドルは円にすると1,100,000になり、
ざっと100,000円の利益を得ることができます。

 

この利益がレバレッジのシステムによるものです。

 

 

レバレッジがなければ、こんなに利益を出すことは出来ません。

 

 

 

尚、レバレッジにはメリットもあればデメリットもあります。

 

例えば、円安で1ドルが90円になった時に10,000ドルを売却します。

 

すると10,000ドルは円にすると900,000になり、
1000,000円の損失を出してしまいます。

 

この損失がレバレッジのシステムによるデメリットです。

 

レバレッジを用いる場合、
損失が出ている場合にも同じレバレッジ(倍率)が適用されてしまいます。

 

 

 

以上のことからも分かるようにレバレッジにはリスクがあり、
高すぎるレバレッジは損失が出てしまった場合に
あっという間に金額が膨らんでしまいます。

 

そのためFX初心者は最初は2〜3倍まで、
大きくても5倍くらいのレバレッジに抑えながら始めた方が良いでしょう。

レバレッジは何倍から始めたらよいのか?関連エントリー

FXとは
FXとは。FX初心者のためのFX入門@なび。FXの基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイトです。
今、注目のFX(外国為替証拠金取引)
FXの基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイトです。