外国為替証拠金取引

MENU

外国為替証拠金取引(FX)とは

FXとは、日本語表記では「外国為替証拠金取引」となります。
この「為替」とは主に「交換」という意味で、
外国為替とは、「外国の通貨と、日本の通貨(円)を交換する」ことを云います。

 

また証拠金取引とは、『証拠金を元手に取引をする』という意味であり、
各FX取引仲介会社に開いた専用の口座に、FXを行う証拠金を預けることで、取引が可能になります。

FXの魅力

このFX(Foreign Exchange)の最大の魅力は、
何といっても『レバレッジ』を高く設定することで、
元手である証拠金の数倍から数百倍もの金額の取引が、行えるようになることです。

 

レバレッジ

例としては『レバレッジ』を100倍とすると、
証拠金が10,000円の場合では、

 

証拠金10,000 円×100 倍=1,000,000円

 

となるため、最初の10,000円の元手で、
何と100万円分の取引を行うことが可能となります。

 

リスク

但し、お気づきだと思いますが、
逆にリスクも100倍に膨らみます。

 

このことが「FXは投資初心者にはリスクが大きすぎる」と
一般的に云われているポイントでもあります。

 

損失が発生した場合には、
短時間で非常に大きな金額の損失が発生するということでもあります。

 

リスクとリターンが非常に高く、
稼ぐときは短期間に収入が増え、
相場を読み間違うと短期間に損失を拡大してしまうのがFXです。

 

為替相場

そのため為替相場が一方向に単調に動いているときは
非常に稼ぎやすく、為替相場が方向感なく彷徨い始めると
損失が拡大しやすいので、為替相場をどのように見定めるかが重要なポイントとなります。

 

尚、FX取引では、一般的に
『新規注文』−『取引成立』−『決済注文』−『損益確定』という流れになります。
この新規発注は、毎日変化する為替相場を確認しながら実際は行うことになります。

 

外国為替証拠金取引とは関連エントリー

今、注目のFX(外国為替証拠金取引)
FXの基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイトです。
レバレッジは何倍から始めたらよいのか?
FXとレバレッジ。基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイトです。