FX初心者

MENU

FX取引を始める方法

まずFXを始める際には順番があります。通常は『FX会社に資料請求』、『口座の開設』、『FX口座に入金・出金する方法』『デモトレード』『FX取引開始』となります。

 

資料請求はインターネットで5分ほどでできますし、口座開設申込書は資料請求するとたいていは一緒に同封されています。口座開設申込書に必要事項を書いて郵送したら、次に開設されたFX口座に証拠金を入金します。

 

これで一応、必要最低限の準備が整いますが、本格的なFX取引を始める前に、デモトレードでバーチャルではありますが、経験を積むことでより稼ぎやすくなります。

FXの始め方記事一覧

FXを行うためには、最初にFX業者に口座を開設する必要があります。この申込は、ほとんどがインターネットから簡単におこなうことができます。すぐに開設手続き行うのも良いですが、まずは気になるFX業者に資料請求をすると良いでしょう。

FXの口座開設は、ほとんどの業者で郵送またはインターネット上で、行うことができます。インターネット上で開設申込手続きができる場合、インターネット上の画面にて必要事項を記入することで手続きを開始することができます。このFX口座開設の手続きの申請を行うと、ほとんどのFX業者では口座開設の申込書が自宅に送られてきます。

FX取引を開始するには申し込み書を送付後、審査の上、FX業者から連絡通知があります。通常は、この連絡通知があった後に、FX業者の指定する金融機関に保証金を入金します。この入金をするときには、銀行やコンビニのATM、インターネットのネットバンキングから振り込むことができます。

FXの取引を実施するには、自分に合った最適なポジションの状態で、取引を行うことがポイントです。自分に合った最適なポジションとは、用意できる資金量、FXスキル、レバレッジ設定値のバランスで決まります。FX初心者の場合、用意できる資金量やFXスキルが低いのに、レバレッジ設定値を高くしすぎて資金量やFXスキルがついていけないと云ったことが起こりやすいのです。