FX初心者

MENU

レバレッジとは

レバレッジとは、日本語の意味としては『てこ』になります。

 

小学生で習う『小さな力で大きな力を出すことができる』
あの『てこの原理』のことです。

 

FXでは、レバレッジというシステムが取っているおかげで、
1円、2円と云った日常的には瑣末な金額であるわずかな為替変動でも
非常に大きな利益を出すことができます。

 

そのため少額の元手で、大きな金額の取引が出来ることなどが、
FX最大の魅力のひとつです。

 

 

レバレッジの具体例

このレバレッジの具体的な例としては、
元手を10,000円とし、
レバレッジを100倍に設定したとすると

 

「証拠金10,000 円×100 倍=1,000,000 円」となります。

 

つまり10,000円の元手で
実質100万円分の取引を行うことが可能となるのです。

 

 

例えば、
1ドル100円で購入したドルが、
購入後に1ドル110 円の円安になったケースの場合、
購入時には1,000,000円÷100 円=10,000 ドルとなります。

 

この10,000ドルが、110円の円安時に決済すると、
10,000 ドル×110 円=1,100,000円になるわけです。

 

最初、10,000円の元手が、
このケースでは100,000円の利益になったことを意味します。

 

この例では、いわゆる『円売り、ドル買い』を実行したことになります。
つまり今後、円が安くなる、ドルが高くなることを予想し、
売買を実行したことになります。

 

円が高くなる、ドルが安くなることを予想した場合には、
『ドル売り、円買い』になります。

 

相場で負けても、損失を抑えるスキルを身につけることで
わずかな勝率で最大限の利益を出せるようになります。

 

 

逆レバレッジ

但し、FXでは上記のように予想通りに相場が動いているときは
短期間に儲けることができますが、
相場が予想とは違う動きをした場合には、
同じ倍率で損をすることになります。

 

例えば、
上記例とは逆に1ドルが90円の円高になったしまった場合には、
10万円の損失となるのです。

FXとレバレッジ

つまりレバレッジのことだけに限りませんが。
FXの基礎をしっかりと理解してから実際の取引を行わないと
非常に危険であることが分かると思います。

 

基本的な用語を理解するとともに、
デモトレードなどでバーチャルではありますが、
練習経験を積んでから
実際のFX取引を実行した方が損失を抑えながら、
利益を拡大することができます。

 

100戦100勝することはFXのプロでもできませんが、
100戦60敗、40勝でも利益を出すことは可能です。

 

それも全てレバレッジのなせる技と云えるかも知れません。

 

レバレッジとは関連エントリー

マージンコールとロスカット
マージンコールとロスカット。FX初心者のためのFX入門@なび。FXの基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイトです。
マージンコールとは
マージンコールとは。FX初心者のためのFX入門@なび。FXの基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイトです。
ロスカットとは
ロスカットとは。FX初心者のためのFX入門@なび。FXの基礎知識や運用方法、用語集などを解説したFX初心者向け入門サイトです。